Doorkeeper

【導入検討企業限定】SIer不要、自社でRPAを導入・活用するためには? ~導入検討時におけるポイントや、具体的なロボット作成のイメージまでをわかりやすく解説~

2019-03-06(水)15:00 - 17:00

コンフォート新宿 Room E

東京都新宿区新宿4-3-25(TOKYU REIT新宿ビル 7階)

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
お席に限りがございますため、対象者以外のお申込みは、状況によりご参加のお見送りをお願いする場合がございます。予めご了承くださいませ。

詳細

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご来場ありがとうございました。

主催者判断により、当セミナーの資料の公開予定はございません。ご了承くださいませ。




導入検討企業限定

本セミナーは導入検討企業限定です。
また、少人数セミナーのため、以下の方を優先させて頂きます。

・経営者

・部門責任者

上記以外の方は、ご参加をご遠慮いただく可能性がございます。
予めご了承下さい。

 

注目されるRPA

近年、大きな社会課題となっている人材不足や高齢化社会を控える中、業務を自動化し、一人あたりの生産性を上げる為の方法として、RPA(ロボットによる業務プロセスの自動化)が非常に注目されています。
業務効率化や構造改革に取り組む企業が相次いで導入を行い、一気に注目を浴びるようになりました。

自社でRPAを導入・活用することの難しさ

RPAは、従来のシステム開発と比較すると導入の敷居が下がっているのは事実ですが、実際使用をしてみるとツールによっては、それなりのプログラミング知識やスキルが必要なケースも少なくありません。
その場合、SIerなどへの外部委託費用が膨らんでしまい、業務は自動化できたけど、費用対効果がでなかった、ということにもなりかねません。
さらに、RPAで作成したロボットの修正(メンテナンス)も外部委託しなければならなくなり、軽微な修正であってもその都度費用が発生してしまいます。
RPAは優れた仕組みである一方、管理者による詳細な管理作業が必要となります。

RPAをスムーズに、効果的に導入・活用するには?

では、RPAの導入はどのような手順で進めていくのが良いのでしょうか?
社内のメンバーを巻き込みスムーズに導入プロジェクト進めるためには、どのような考え方が必要なのでしょうか?
 
本セミナーでは、SIerなどに委託するのではなく、可能な限り自社でRPAを導入・活用するためには、どのような点に注意し、どのようにして自社に合ったツールを選定すればよいのか、導入フローのポイントをご紹介します。

ロボットの作り方を実感できるセミナー

また、具体的にどのようにロボットを作っていくのかを実感して頂くためのデモンストレーションを行います。

また、ニーズが高いRPA+OCRの連携についてもデモンストレーションを交えて解説します。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~16:30 自社でRPAを導入・活用するためには?

16:30~17:00 質疑応答

主催

スターティアレイズ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-5362-1425

セミナー事務局

オープンソース活用研究所

マジセミ

※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる