Doorkeeper

海外進出企業をささえるローカライズを、日本+ベトナムオフショアのハイブリッド開発で!

2018-07-27(金)17:00 - 18:30

AP品川 F+Gルーム(10階)

東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 10F

樋口裕一郎 + 10人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




当日、会場の様子を中継してWebセミナーも開催します。

ご希望の方はこちらから お申込ください。

拡大する海外市場向けのITシステム開発

日本で成功したビジネスモデルを海外にビジネス展開する企業がB2B、B2Cを問わず近年増加しています。
日本から海外市場にビジネス領域を拡大する場合に、日本市場向けに開発されたITシステムを現地の税制や言語に対応したシステム改修が必要になってきます。

ローカライズは費用がかかる

その際に必要になるのが「ローカライズ」です。

言語対応に関しては、英語だけでなく、進出する各国に個別に対応しすることも必要になります。アジア圏では中国語、タイ語、インドネシア語、マレー語、ベトナム語など多岐に渡ります。

また現地の税制への対応や商習慣の違いにより業務フローの変更なども必要になるケースもあります。

このためシステムのローカライズ作業は慎重な準備が必要になり、また開発費もかさみがちになりますが、海外進出を成功させるためにはスピードも非常に重要です。

ローカライズを、日本+ベトナムオフショアのハイブリッドで

これを解決するため、ベトナムオフショアでのローカライズが盛んです。

しかし、ベトナム側だけでは、品質面などで不安に感じている企業も多いと思います。

本セミナーでは、コウェルが提唱する、上流工程を日本でフォローし、日本+ベトナムオフショアのハイブリッドで進める開発手法を利用して、海外進出のためのローカライズする手法を実際の開発事例を交えながらご紹介します。

ベトナムオフショア開発による大規模開発事例やローカライズ事例について、日本側、ベトナム側のそれぞれのエンジニアがプレゼンするアプローチでセミナーを行うことで、どのようなリスクがあるのか、どう解決していけばよいのかについて解説します。

プログラム

16:30〜17:00 受付

17:00〜17:30 海外進出の成功事例から学ぶ、日本とベトナム・ハイブリッド開発の事例(日本側プレゼン)

       株式会社コウェル Global Engineering部ビジネスソリューション 課 副課長  平沼哲

17:30〜18:00 海外進出の成功事例から学ぶ、日本とベトナム・ハイブリッド開発の事例(ベトナム側プレゼン)

       有限会社コウェルアジア システム開発部  課長 Vu Hong Dung

18:00〜18:30 質疑応答

主催

株式会社コウェル

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる