ハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境での運用を自動化・効率化するには?(統合運用管理ツール「Hinemos」の紹介)

2018-06-13(水)15:30 - 17:40

NTTデータ先端技術株式会社 佃オフィス

〒104-0051 東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア3F

11人の参加者
申し込む
参加費無料
申込締切 6月13日 14:30
あと9人参加できます。

「Hinemos サブスクリプション」について

Hinemosはオープンソースソフトウェアでありながら、エンタープライズ利用で必要となるソフトウェア・アップデート・トレーニング・サポートをまとめて利用できるサブスクリプションメニューを提供しております。本セミナーは「Hinemos サブスクリプション」を対象とした内容となります。

増え続ける仮想ノードと、増え続ける管理者の負担

近年、仮想化環境や、AWSやAzureなどのパブリッククラウドの普及、ビッグデータなど大量のサーバを必要とする処理の増加などによって、仮想ノードは増え続けています。

また、企業はマルチクラウド、ハイブリッドクラウドといった複雑な環境でシステムを構築・運用するようになっています。

たしかにクラウドの活用によって、情報システムのインフラは短期間での構築が可能となり、構成変更も柔軟に行えるようになりました。しかし一方、システム運用の負担や課題は増大しています。

例えば、以下のような課題があると思います。

システムが複雑化しており、一部の人しか現状を把握できていない(俗人化)

同じような作業を手作業で実施、人的ミスが発生している

膨大な作業の状況や作業結果について、把握することが難しい

高まる運用自動化・効率化への期待

このような課題を解決するべく、運用自動化や効率化は、企業の情報システム部門において早急に取り組むべき重要なテーマです。

本セミナーでは、統合運用管理ツール「Hinemos」を紹介するとともに、どのように課題を解決できるのか解説します。

Hinemosは以下のような特徴があります。(ここに紹介するのはごく一部です)

ハイブリッドクラウド/マルチクラウドの環境ごとの差異を吸収し統合管理できる、VM管理機能、クラウド管理機能

不要な時間値に、クラウドのリソースを自動的に停止し、利用料を節約できる、リソース制御機能

未来の予想値や変化量を監視し、未来の異常をいち早く検知する機能

ログデータよりメタ情報を抽出、その件数などにより異常を検知する機能

ジョブの実行を自動化する、ジョブ管理機能

サーバ環境のセットアップなどの一連の作業を定型化、自動化する機能

運用手順書(ランブック)の自動化を行う機能




プログラム

15:15~15:30 受付

15:30~16:15 統合運用管理ソフトウェアの決定版!Hinemos ver6.1のご紹介!~収集・蓄積、監視・性能、自動化~

NTTデータ先端技術株式会社

16:15~16:30 休憩

16:30~17:15 様々な運用管理を実現するHinemosのご紹介!

NTTデータ先端技術株式会社

17:15~17:35 サービス・ソリューション紹介

NTTデータ先端技術株式会社

17:35~17:40 質疑応答

主催

NTTデータ先端技術株式会社

協力

株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる