【ユーザー企業限定】アンチパターンに見るID管理システム導入成功への鍵

2018-04-13(金)15:30 - 17:00

株式会社アイピーキューブセミナールーム

東京都港区芝大門2-12-9 HF浜松町ビルディング 8F

11人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは、ユーザー企業限定です

システムインテグレータや製品ベンダの方はお申込みできません

ますます重要になる「ID管理」

SalesforceやOffice365などのクラウドサービスの普及や、業務のIT化の推進によって、システムのユーザーIDの数は増え続けています。

利用者は、それぞれ異なるパスワードを管理しなければならず、生産的でない作業に多くの負担を強いてしまっています。

システム管理者も、人事異動のタイミングなどで膨大な数のユーザーIDの追加・削除・権限変更などを行わなければならず、場合によっては数カ月をその作業に費やすことになり、本来業務に手が回らない状況にあります。

さらに、ユーザーIDは、企業の情報システムをセキュリティ上のリスクから保護するための最重要要素であり、例えば「退社した社員のIDが残っている」「異動などで権限がなくなっているはずなのに反映されていない」といった事項については、監査でもチェックされる項目です。

また、働き方改革に伴う社外からのアクセスの安全性確保やパスワード情報の流出への対策も急務です。

このような課題を解決するために、「ID管理システム」の導入を検討する企業が増えています。

「どこから始めてよいのかわからない」

ID管理システムの導入は全ての業務システムと関係するため、まずは調査からスタートすることが通常です。

しかし、「ID管理のスペシャリスト」が社内にいることはほとんど無いため、「どこから調査を始めてよいのかわからない」、「どうやって進めたら良いのか分からない」と悩まれる企業が多いのが実情です。

ID管理システム導入プロジェクトの「火消」事例

そのような状況のまま、ID管理システムの導入を進めると、大きな失敗を招くことになります。

本セミナーでは、株式会社アイピーキューブに「火消」の依頼があったプロジェクトからアンチパターンを洗い出し、同じ失敗の轍を踏まないための成功の鍵を解説します。

失敗しないために

また、失敗しないためには何が重要か、そのポイントを解説します。

一言でいうと「企画と要件定義が重要」ということになります。

企画や要件定義の段階でどのようなことが不足していると失敗するのか、どのようなことを決めておく必要がるのか、お話しします。

現状分析結果報告や要件定義書サンプルも

さらには、企画や要件定義段階での成果物サンプルとして、現状分析結果報告書や要件定義書のサンプルも、会場でのみ、少しだけ、お見せできる予定です。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:20 アンチパターンに見るID管理システム導入成功への鍵

16:20~17:00 質疑応答

主催

株式会社アイピーキューブ

協力

マジセミ/オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、マジセミ/株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、マジセミ/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる