Doorkeeper

主要RPAツールの比較と活用事例~どのような業務がどこまで自動化できるのか~

2018-03-27(火)14:30 - 17:00

TKP秋葉原カンファレンスセンターホール7A(JR秋葉原駅昭和通り口より徒歩2分!)

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町4番地1 ラウンドクロス秋葉原7F

Marion 木田喜一郎 Tadaro Takahashi 佐々木慎介 Akimitsu  Nakayama 後藤洋樹 miku&tomoki + 134人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。

急速に普及が進むRPA

昨今の人材不足を背景に、業務を自動化するためのロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)の普及が急速に広がっています。

どのような業務に、どこまで使えるのか?どこまで効果があるのか?

RPA導入に興味を持たれている企業も多いと思いますが、「実際にどのような業務を自動化できるの?」「どこまで使い物になるの?」「結果、どの程度の人員を他の業務にまわせるの?」といった疑問を持たれている方が多いのではないでしょうか。

多くのツールがあるが、どのような違いがあるのか?

また、既に多くのRPAツールが販売されていますが、どのような違い・特徴があるのでしょうか。
「やりたいこと」に対して、どのようにして製品を選べばよいのでしょうか。

主要RPAツールの比較と活用事例

本セミナーでは、国内で販売されている主要なRPA製品について、その特徴を比較すると同時に、選定方法について解説します。
さらに、国内導入事例をベースに、「どのような業務がどこまで自動化できるのか」について解説します。

比較予定のRPAツール

BizRobo
UiPath
Blueprism
WinActor
Autoブラウザ名人

プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~14:40 オープニング

14:40~15:25 主要RPAツールの比較と活用事例

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング 湯川 政延

既に市場には、多くのRPAツールが販売されています。
本セッションでは、様々な企業に対して複数のRPAツールを活用した業務改善を実施し、成功させた事例やノウハウから、RPAツールの比較と、企業がRPAツールを選定する場合のポイントについて解説します。
また、実際のRPAの導入事例から、「どのような業務がどこまで自動化できるのか」について解説します。

15:25~15:55 人気のRPAツール「WinActor」ならここまでできる

株式会社アクシオ 池本武彦

本セッションでは、人気のRPAツール「WinActor」について、その詳細を解説するとともに、どのような業務にどこまで使えるのか?どこまで効果があるのか?について解説します。

15:55~16:25 Autoブラウザ名人の紹介と導入事例

マジセミ株式会社 寺田雄一

本セッションでは、マジセミ株式会社にて実際にAutoブラウザ名人を導入した事例と、他製品と比較したときのメリット、デメリットなどについて解説します。

16:25~17:00 質疑応答・クロージング

主催

マジセミ株式会社
オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる