70584 normal 1517982742 20180305 tde

【名古屋開催!】ビッグデータの活用、BI・BAツール2製品の特徴を比較する

2018-03-05(月)14:00 - 16:15

JPタワー名古屋

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−1 KITTE名古屋 3階

2人の参加者
申し込む
参加費無料
申込締切 3月5日 13:00
あと10人参加できます。

高まるデータ活用の重要性

ビジネスにとって、ITの重要性は益々高まっています。
そしてその中心となるのは「データ」です。
データを企業の資産と位置付け、どうやってその中から価値を見つけ出すかが重要となっています。

乱立するツール

そのためのツールは多くあります。
むしろ、さまざまなツールがあるために、企業でデータ活用を担当される方はその選定に迷われているのではないでしょうか。

2製品の特徴を比較

本セミナーでは、BI・BAツール2製品について、それぞれの特徴を比較し、製品選定に役立つ情報をご提供します。

比較するのは以下の製品です。

QlikView

多種多様なデータソースを独自の連想技術によりデータ統合し、得た大量な情報をインメモリ技術により、スピーディに集計・可視化させる 事が可能な“セルフサービス”BI(ビジネスインテリジェンス)システムです。

TIBCOSpotfire

ビッグデータの分析を直観的に、超高速に行い、気付き・新たな知見を効率よく導きます。
東芝独自のMTシステム搭載し高度分析にも対応。
モノづくり技術者には欠かせない、BA(ビジネスアナリティクス)ツールです。

プログラム

14:00~16:15 BIソフトウェア比較セミナー

14:00-14:10 ご挨拶・概要説明
14:10-14:55 QlikView 特長解説とデモ(45分)
14:55-15:40 TIBCO Spotfire 特長解説とデモ(45分)
15:40-16:15 まとめ・アンケート記入

※セミナー終了後、個別相談会を開催致します。

対象者

・ データを自在に分析し、課題解決と迅速な意思決定を行いたい管理職・経営者
・ 業務プロセスと連携した事象を予見し、商機を早期に捉えたい営業担当者・企画担当者
・ レポーティング、ダッシュボード等、組織間の情報共有・活用を推進したいIT管理者
・ 記述統計では解決できない、複雑に絡み合った要因分析、原因追及をされたい研究職
・ 統計を利用したプロセスの自動化を検討されている、インフラ担当・システム担当
・ BI・BA・統計ツールの導入を比較・検討されている方
※同業者様、個人事業主様、学校関係者様、東芝グループ社員様はお申込みをお断りしております。

主催

東芝電子エンジニアリング株式会社

(協力)
株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・講演企業各社にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる