69480 normal 1515717009 20180209 nihondentsu

カフェでのテレワークを許可するべきか?そのリスクと対策

2018-02-09(金)14:30 - 17:00

日本電通株式会社7階セミナールーム※直接7階にお越しください。

東京都中央区日本橋茅場町1-1-3 ニッセイ茅場町ビル7階

Kosuke Mori 小野洋一 Shunichi  Yasuda + 16人の参加者
申し込む
参加費無料
申込締切 2月9日 13:30
あと1人参加できます。

働き方改革が叫ばれる中、重要性を増すテレワーク

昨今、今後予測される人口減少による労働力の不足や、ダイバーシティの推進といった社会問題に対応するため、働き方の見直しや多様な働き方を実践する動きが官民で広がっています。

その中で、自宅等で会社業務を行なう「テレワーク(リモートワーク)」が注目されており、導入する企業も急増しています。

まずは自宅から。カフェでのテレワークはOKか?

通常、まずは自宅でのテレワークを許可するケースが多いと思います。
しかし、「外出時のちょっとした空き時間にカフェで仕事をしたい」「少し気分を変えて仕事をしたい」といった理由で、カフェなどでのテレワークに対するニーズは多くあります。

カフェでのテレワークのリスクとは?

カフェなどでのテレワークは、自宅でのテレワークよりもリスクが高いと言えます。
例えば以下のようなリスクがあります。
・隣の人などに画面を覗き見られてしまうリスク
・少しの間離席した際に情報を覗き見られてしまうリスク
・ノートPCが盗難・紛失してしまうリスク

どのように対策すればよいのか

本セミナーではそのようなリスクに対して、どのように対策すればよいかを解説します。

また、自宅から企業ネットワークへセキュアにアクセスする方法についてもご紹介します。

プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~14:45 オープニング

14:45~15:45 「テレワークの最新ツール!HP超セキュアノートPCとMicrosoft 365で生産性向上!」

シネックスインフォテック株式会社
テクノロジーソリューション本部 ビジネス開発部 東 栄一 氏
プロダクトマネジメント本部 HP部 菅澤 恭由 氏

カフェでのテレワークに必要な機能は何か?強力なセキュリティ機能を備えた、安全で管理性に優れたHPビジネスノートPCのご紹介と、Officeだけではなく「Windows 10」もサブスクリプションで提供する「Microsoft 365」を使ったチーム間でのテレワークの方法をデモを交えながらご紹介させていただきます。

15:45~16:25 テレワークに対応した無線LANの活用 ~ FortiAPによる自宅から企業ネットワークへセキュアにアクセス~

日本電通株式会社
セキュリティビジネス推進室
河村 宏昭 氏

様々なソリューションの登場によって、企業や組織におけるアクセスネットワークの構築方法、デバイスの接続方法、ビジネスアプリケーションの提供方法は急速な変化を遂げています。
FortiAPを利用して企業ネットワークを自宅に延伸! ロケーションにとらわれないワークスタイルを実現します。

16:25~17:00 質疑応答・ディスカッション・実機デモ

主催

日本電通株式会社

(協力)
株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・講演企業各社にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる