64394 normal 1503622089 vicent 20170926

OSSを活用し、Webからの商談獲得を強化する方法 ~中堅中小企業のためのOSSを活用した簡単デジタルマーケティング入門~

2017-09-26(火)15:30 - 17:00

関東ITソフトウェア健保会館 1階C室

東京都新宿区百人町2-27-6

野呂 浩一 Susumu Goto Mitsuru Nawa + 12人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

講演資料は、開催1ヶ月後に https://majisemi.com/ にて公開されます。




重要性が増すデジタルマーケティング

ビジネスのデジタル化が急速に進んでいます。
このような中で、企業のマーケティングやセールスも、改革が求められており、デジタルマーケティングの重要視が高まっています。

Webからの商談獲得を増やすには

そのような中、特に中堅中小企業では、
「当社のビジネスには関係ないのでは?」
「重要性はわかるけど、どこから取り組めばよいのかわからない」
のように考えている企業は多いのではないでしょうか。

しかし、もはやビジネスにおいてWebサイトの重要性は論じる必要はないでしょう。
また、中堅中小企業であっても、Webサイトからの商談を増やしたいはずです。

本セミナーでは、まずはWebサイトからの商談獲得を増やす、というゴールを設定し、そのための方法を簡単にお伝えします。

オウンドメディアの活用

まず1つは「オウンドメディア」の活用です。
コーポレートサイトに加えてオウンドメディアを構築、運用するメリットや、オウンドメディアを活用してリードや商談を獲得する方法についてお話しします。

また、ツール(CMS)として、オープンソースのWordPressとDrupalをご紹介し、その違いやメリット、デメリットについてお話しします。

マーケティングオートメーション超入門

もう1つは「マーケティングオートメーション」です。

マーケティングオートメーションと聞くと難しいと感じる方も多いかもしれませが、ここでは超入門として、その中身やメリットをわかりやすくお伝えします。

また、ツールとして、オープンソースのMAツールであるMauticをご紹介します。

日本語マニュアルの提供や、コンテンツ作成代行、マーケティングオートメーション運用代行も

最後に、ご提供できる以下のようなサービスについて簡単にご紹介します。

・Drupalを活用したオウンドメディア構築
・Drupal日本語マニュアルご提供
・コンテンツ作成支援
・Mauticを活用したマーケティングオートメーション環境構築
・Mautic日本語マニュアルご提供
・マーケティングオートメーション運用支援

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~15:35 オープニング

15:35~15:50 オウンドメディアのメリット

15:50~16:05 WordPressとDrupalとの比較

16:05~16:35 マーケティングオートメーション超入門と、Mauticのご紹介

16:35~16:40 ヴィセントのサービスについて

16:40~17:00 Webからの商談獲得の強化に向けて(ディスカッション)

主催

株式会社ヴィセント

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

コミュニティに参加