Doorkeeper

RADIUSによる大規模認証基盤 勉強会(その技術と事例)

2017-07-26(水)15:30 - 17:00

かもめエンジニアリング株式会社 会議室

東京都新宿区箪笥町43 新神楽坂ビル3F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

5人の参加者

すべて見る
4人のアカウント非公開の参加者

詳細

※本セミナーは、お客様のお申し込み後、Doorkeeperからの「お申し込み完了」メール、及びセミナー事務局(株式会社オープンソース活用研究所)からの「事前アンケートご協力のお願い」メールの発送をもって、参加可能となります。お申し込み後、数日お時間を頂く場合もございますが、ご了承下さい。

本勉強会に参加していただくメリット

・RADIUSを活用し、数百万ユーザーからの認証リクエストを高速に処理する大規模認証基盤を構築するための技術要素を理解し、その事例を知ることができます。

本勉強会の対象者

・通信会社やISPなどで、RADIUSを利用した認証基盤を運用している方、新規構築やリプレースをご検討されている方。

RADIUSとは

RADIUSとは、「Remote Authentication Dial In User Service」の略であり、さまざまなネットワーク上で利用者認証/権限付与/利用状況記録などを行うための通信/認証プロトコルです。
認証だけではなく、利用状況記録(アカウンティング)機能も備えています。ネットワークの接続時間/データ量も収集できるため、インターネット接続サービスなどでは認証ユーザに対する課金処理基本情報などでも利用されています。
古くからあるプロトコルですが、現在でも多く利用されており、今後も継続して利用される見込みです。

数百万ユーザーからの認証リクエストを高速に処理する大規模認証基盤

RADIUSは、大手通信会社のモバイルネットワークの認証においても使われています。
このような用途では、数百万ユーザーからの認証リクエストを処理する必要があるため、特別な考慮が必要です。

かもめエンジニアリングは、「KFEP」と「Fullflex」の2つのブランドのRADIUSサーバー・ソフトウェアを提供しています。
これは、主要なRADIUSサーバー・ソフトウェアのブランドの内、約半数をかもめエンジニアリングが提供していることになります。

かもめエンジニアリングはこれらの製品を通して、多くの大手通信会社に対して、大規模な認証基盤を提供しています。
本勉強会では、このような事例をベースに、RADIUSの大規模利用についての技術について解説致します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 RADIUSによる大規模認証基盤の技術と事例

かもめエンジニアリング株式会社 鶴岡 昭徳

16:15~17:00 質疑応答・ディスカッション

主催

かもめエンジニアリング株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

本コミュニティは、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の問題解決セミナーです。 また、「マジセミ」を通じて企業がITの本質を理解し、ITの本当の力を最大限に活かして社会に貢献できるよう、「ITによるビジネス変革」を"...

メンバーになる