60733 normal 1494925994 %e6%9d%b1%e8%8a%9d%28%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%29 20160616

【大学教員限定】大学での研究に、人工知能(機械学習)を応用する

2017-06-16(金)13:30 - 16:30

秋葉原UDXカンファレンス

東京都千代田区外神田4-14-1

6人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご来場ありがとうございました。




※本セミナーは、お客様のお申し込み後、Doorkeeperからの「お申し込み完了」メール、及びセミナー事務局(株式会社オープンソース活用研究所)からの「事前アンケートご協力のお願い」メールの発送をもって、参加可能となります。お申し込み後、数日お時間を頂く場合もございますが、ご了承下さい。
※まずは、お申込をお願いします。

人工知能(機械学習)そのものの研究から、その応用へ

大学における研究対象は、機械学習などの人工知能そのものの研究から、それらをどう応用するかに広がりつつあります。

例えば、データサイエンス、経済、医療、社会学などの分野で

その対象は幅広いですが、例えばデータサイエンス系全般や、経済、医療、社会学などの分野において、人工知能の活用が期待されています。

機械学習解析の流れを紹介

本セミナーでは、統計ソフト STATISTICA(スタティスティカ) のワークフローを使った機械学習解析の流れを紹介します。
STATISTICA のワークフローでは、既搭載機能(データ入力、データ前処理、統計、機械学習他)とR言語との連携が容易にでき、Rの豊富な機能を最大限活用することができます。

予測モデルやルール作成、インタラクティブな分析、検証、ワークフローによる自動化などを1つのプラットフォームに配置して管することが出来ます。

マジセミでは大学教員様10名を募集

マジセミでは今回、大学教員様10名を募集します。
・対象者は大学教員(教授・准教授・助教・講師・研究員)
・学生・企業関係者は対象外
・申込みは学校から付与されているメールアドレスに限る
 ※フリーメールアドレスは不可

少数の募集なので、いますぐお申込み下さい。

プログラム

13:30~13:40 ご挨拶・当社のデータ活用の取り組み

13:40~14:00 STATISTICAのソフトウェア紹介             

14:00~16:00 ワークフローとデータ解析

 (1)ネイティブの機械学習を使った解析
    Neural network、重回帰、LASSO、決定木、
    Boosting Tree
 (2)Rとの連携
    データの取り込み、パラメータ指定         
 (3)モデル比較と予測(PMMLの活用)

16:00~16:15 STATISTICAの応用と今後

16:15~16:30 事務連絡・アンケート記入他

主催

東芝電子エンジニアリング株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛企業、講演企業各社にて共有させていただくことがあります。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛企業、講演企業各社にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

コミュニティに参加