58914 normal 1490065373 %e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%96 20170419

米国におけるオープンソース最新活用状況

2017-04-19(水)14:30 - 16:30

JJK会館2階多目的ホールA

東京都中央区築地4-1-14

大平康浩 Toshimasa Yamamoto Rintaro Kamikawa Masahiko Kobayashi 笠松隆幸 木村 勇雄 Kosuke Kakizawa + 28人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




今、米国ではどのようなオープンソースが人気なのか

日本でも、オープンソースの活用は一般的となっており、ほとんどの企業の情報システムにおいて、オープンソースは活用されています。
IT先進国の米国では、今どのようなオープンソースが実際に使われているのでしょうか。

本セミナーでは、米国を中心に世界主要200社以上のクライアントから、450種類以上のオープンソースについて、年間70,000回の問合せに対応している、ローグウェーブのオープンソース・サポートサービスのレポートから、米国における最新オープンソース活用状況について説明します。

最新オープンソースについて、人気の背景、利用シーンなどを紹介

Tomcat、MySQL、PostgreSQLなど、メジャーなオープンソースももちろん多く使われていますが、日本ではそれほど普及していないオープンソースも先端企業では良く使われています。

例えば、以下のようなものがあります。

Apache Camel(ルールエンジン)
Apache Kafca(ビッグデータ処理)
ActiveMQ(メッセージング)
Activiti(ワークフロー)
CephFS(SDS、ファイルシステム)
ElasticSerch(検索エンジン)
Drools(ルールエンジン)
Drupal(CMS)
Kibana(BIツール)
MongoDB(NoSQL)
Nginx(Webサーバ)
OpenStack(クラウド基盤)

また、日本でもよく使われていますが、日本ではサポートサービスがあまり提供されておらず、企業としてのリスクが高いものもあります。

Ansible(運用自動化)
Docker(コンテナ)
Jasper Reports(帳票・レポーティング)
Jenkins(運用自動化)
JDK(JavaVM)
MariaDB(MySQLから派生)
Node.js(サーバーサイドJavaScript)
OpenAM(シングルサインオン)
OpenSSL(SSL)
Pentaho(BIツール)
WildFly(JBossのコミュニティ版)

本セミナーでは、オープンソースについて、ローグウェーブの米国におけるサポート事例の中から、業務的・事業環境的な背景、利用シーン、リスクなどをご紹介します。

プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~15:15 米国におけるオープンソース最新活用状況

ローグウェーブ ソフトウェアジャパン株式会社 (齊藤雅之)

IT先進国の米国では、今どのようなオープンソースが実際に使われているのでしょうか。
本セッションでは、ローグウェーブのサポート実績から得られた米国における最新オープンソース活用状況について紹介します。

15:15~15:45 450種類以上のOSSをサポートするローグウェーブのオープンソースサービス

ローグウェーブ ソフトウェアジャパン株式会社 (人見達弥)

世界主要200社以上のクライアントから、450種類を超えるオープンソースについて、過去20年にわたり多種多数な問合せに対応しているローグウェーブのオープンソースサービスについて紹介します。

15:45~16:00 質疑応答・アンケート

16:00~16:30  お名刺交換など

16:30 終了

主催

ローグウェーブ ソフトウェアジャパン株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

コミュニティに参加