57532 normal 1486956383 kcme 20170317

ゼロからはじめるプライベートクラウド~ OpenStackとVMwareとの比較~

2017-03-17(金)15:30 - 17:30

KCCSモバイルエンジニアリング本社 16F 中会議室

東京都港区三田3-13-16(三田43MTビル)16F

Masaki Murakami 大平康浩 Naoki Kinoshita 小市 貴大 + 28人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




プライベートクラウドでの活用が始まった「OpenStack」

クラウド基盤を構築するためのソフトウェアとして注目されているOpenStackですが、これまではパブリッククラウドを提供するサービス事業者などでの利用が中心でした。
しかし今、企業におけるプライベートクラウドのプラットフォームとしての事例が増えつつあり、今後の動向が今以上に注目されています。

一歩先を行く、VMware

しかしまだ多くの企業では、「VMware」を利用してプライベートクラウドを構築しています。
機能や使いやすさ、安心感など、VMwareのほうがまだまだ強みがあるように思います。
さらにVMware NSXを活用することで基盤となるハードウェアに依存せず、プログラムによりプロビジョン及び管理されます。そのため、ネットワーク障害や再構築などの時、情報システム担当者の運用効率の向上実現が可能となります。

今、企業はどちらを使うべきか?

本セミナーでは、このようなOpenStackとVMwareを比較し、どのようなケースではどちらを使うべきか提言します。
また、企業がプライベートクラウドのプラットフォームとしてOpenStackを導入した事例と、VMware NSXを活用した事例についてもご紹介します。

満席が予想されますので、今すぐお申込み下さい!

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~15:45 挨拶、会社紹介

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(営業:櫻井or久田)

会社紹介&クラウドの市場の説明をさせていただきます。

15:45~16:15 OpenStackとVMware概要と事例

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(陳)

プライベートクラウドのプラットフォームとしての事例が増えつつあるOpenStack、
多くの企業で利用されているVMWareのそれぞれの特徴と導入事例をご紹介いたします。

16:15~16:45 OpenStackとVMwareの比較

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(小林)

OpenStackとVMWareの選定基準はなにか?
この講義では、主要な導入手順を比較し、それぞれのメリット及びデメリットをご紹介させていただきます。

16:45~17:30 OpenStackとVMware、今企業はどちらを使うべきか?

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(福田)

本プログラムでは、どのようなケースではどちらを使うべきか提言します。
最後に質疑応答を設け、参加していただいた方々の疑問を解決したいと思います。

17:30 終了

主催

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛企業、講演企業各社にて共有させていただくことがあります。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛企業、講演企業各社にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...続きを読む

コミュニティに参加