57310 normal 1486396745 tis 20170315

Ansibleを活用しインフラ構築を自動化(Infrastructure as Code)した、プロジェクト工期短縮事例 ~インフラエンジニアの働き方をSHIFTする~

2017-03-15(水)15:30 - 17:40
Masaki Murakami Akihiro Motoki 宇佐美剛 Toshihiko Motoseko Kenta Watanabe 林千佳之 木澤 朋隆 Yu Amano mistral880 橋本泰幸 Ichiro Yamaguchi Takahiro Nagafuchi 竹内 正典 伊藤千博 Shuichi Ikegami サバカン + 59人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




Infrastructure as Code(IaC)とは?

「Infrastructure as Code(IaC)」が注目されています。
その名の通りインフラをコード化することを指し、様々な構成管理ツールによってコード化・構成情報化を行うための考え方です。
今、SDx(Software-Defined anything)といった物理的なITインフラをソフトウェアで定義する形が進んできているため、これにあわせてIaCの導入も進んでいます。

Infrastructure as Code(IaC)がもたらす恩恵

IaCの考え方はソフトウェアの開発や保守で既に有効でな手法のインフラへの適用です。
例えば、繰り返しのある構築、繰り返されるテスト、継続的なインテグレーション、度重なる保守等に対してメリットがあります。
そしてこれらは、企業のIT担当者も、システムインテグレータにもどちらにも恩恵をもたらすものです。

インフラエンジニアはコードが書けない?

IaCをきっかけとしコード化を取り組むにあたり課題もあります。
一般的にインフラの技術者はプログラムに長けている人が少なく、コード化というと腰が引けてしまう方もいるかもしれないということです。
しかしながらIaCで利用される多様なツールで開発するコードは一般的なプログラムのコードとは異なり非常に短時間で開発することができます。
また誰が書いても見ても同じように読め、すぐに内容が把握でき、学習コストが低いものとなっています。

構築フェーズからInfrastructure as Code(IaC)の効果を得るためには?

学習コストが低い、とはいっても覚えなければ行けない事項は少なからずあります。
また、それを特にエンタープライズのプロダクションで利用するとなった場合、できるだけ効率的に導入・適用する必要が出てきます。
場合によっては実績やサポートも求められるでしょう。

TISは自社で活用した構成管理やテストツールであるAnsibleやServerspecを元に、IaCに関するノウハウを蓄積しています。
そのサンプルコードや独自に開発したツールなどを「SHIFT」という名称で公開をする予定です。

企業は「SHIFT」を活用することで、サンプルコードを活用しインフラのコード化を大幅に効率化したり、AnsibleやServerspecのノウハウや作業を効率化するツールを活用することで、構築フェーズからIaCのメリット素早く得ることができます。

実際にIaCによって構築フェーズの期間の短縮に成功した事例を紹介

本セミナーでは、IaCによって実際にインフラ構築の期間を大幅に短縮することに成功した事例をご紹介するとともに、そこで活用された「SHIFT」の概要について紹介します。

RedHatからAnsible / Ansible Tower の紹介

また、RedHatからIoCの中核となる構成管理ツール「Ansible」とそのユーザーインターフェースとなる「Ansible Tower」について紹介します。

インフラエンジニアの働き方を「SHIFT」する

さらに、インフラエンジニアの働き方を変え(SHIFTし)、ワーク・ライフ・バランスを実現しつつ、エンジニアがもっと「わくわく」した仕事に取り組めるようにと、TISが「SHIFT」に込めた想いを語ります。

プログラム

15:00 受付開始

15:30 TISのOSSへの取り組みと、エンタープライズ向けOSSサポートについて

TIS株式会社 IT基盤技術推進部 OSS推進室 室長 溝口則行

15:40 注目の構成管理ツール「Ansible」と「Ansible Tower」とは

レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 ソリューションアーキテクト Ansible / CloudForms エバンジェリスト 平田千浩様

16:10 【SIerも逃げられない】Ansibleによる自動構築事例と活用のスタンダード化

TIS株式会社 IT基盤技術推進部 主査 浪川英雄

16:40 インフラエンジニアの働き方を「SHIFT」する~撲滅!長時間労働~

TIS株式会社 IT基盤技術推進部 OSS推進室 倉持健史

17:10 「Infrastructure as Code(IaC)」成功へのポイントは?(ディスカッション)

各講演者、マジセミキャスト

17:40 終了

主催

TIS株式会社

協力

レッドハット株式会社
オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる