Doorkeeper

ほぼ実録!標的型攻撃の実態と対策(なぜ「標的型攻撃は従来のセキュリティ対策では防げない」のか?)

2017-02-23(木)15:00 - 17:20

オージス総研 東京本社 会議室

東京都港区港南2丁目15番1号 品川インターシティA棟 12階

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

18人の参加者

すべて見る
14人のアカウント非公開の参加者

詳細

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご来場ありがとうございました。




そう攻めるならばこう守る!巧妙化する標的型攻撃を防ぐ新たな具体策とは?

昨今、特定の組織や個人を狙って情報窃取等を行う標的型攻撃による被害が増えています。その攻撃手法は巧妙でセキュリティ対策をしている企業でさえ知らぬ間に被害にあい、顧客や取引先などからの連絡で初めて情報漏えいに気づく例もあります。

本セミナーでは、巧妙化する標的型攻撃が従来のセキュリティ対策ではなぜ防げないのか?その脅威と動向をデモ等交えてご説明し、自社を守る具体的な防御策をご紹介します。

マジセミでは、本セミナーの定員の内、20名を募集します!
特に見どころは以下のセッションです。

経営層にセキュリティ対策の提言を行う立場にあるセキュリティ担当者・情報システム担当者は必見のセミナーです。是非ご参加ください。

標的型攻撃の脅威と動向

世間を震撼させている標的型攻撃について、あらためて解説します。また、世の中の被害状況や攻撃手法の動向について、ご紹介します。

ほぼ実録!標的型攻撃の実態

標的型攻撃はなんとなくわかっているものの、いまいちピンと来ません。標的型攻撃の実態を、デモを交えてご紹介するとともに、標的型攻撃はもはや他人事じゃない身近な脅威だと感じていただきます。

プログラム

14:30-15:00 受付

15:00-15:05 開会・ご挨拶

株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 副本部長 森内 清司

15:05-15:35 標的型攻撃の脅威と動向

株式会社オージス総研 IT基盤技術部 マネジャー 横井 大輔

今さらですが、世間を震撼させている標的型攻撃について、あらためて解説します。また、世の中の被害状況や攻撃手法の動向について、ご紹介します。

15:35-16:00 ほぼ実録!標的型攻撃の実態

株式会社オージス総研 IT基盤技術部 大月 一孝

標的型攻撃はなんとなくわかっているものの、いまいちピンと来ません。標的型攻撃の実態を、デモを交えてご紹介するとともに、標的型攻撃はもはや他人事じゃない身近な脅威だと感じていただきます。

16:00-16:10 休憩

16:10-16:40 標的型攻撃の対策ポイントについて

株式会社オージス総研 IT基盤技術部 久保 公照

近年変化しつつあるセキュリティ対策をご紹介します。そのなかでも、標的型攻撃に備えた対策ポイントを、技術と人の切り口でご説明致します。

16:40-17:10 標的型攻撃やランサムウェアに対するエンドポイントの備え

株式会社オージス総研 IT基盤ソリューション部 眞砂 隆政

標的型攻撃やランサムウェアの脅威が年々増加する中、エンドポイントへの攻撃に備えた具体策をご紹介します。

17:10-17:20 質疑応答

主催

株式会社オージス総研

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛企業、講演企業各社にて共有させていただくことがあります。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛企業、講演企業各社にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる