Doorkeeper

【名古屋開催!】システム運用監視費用の削減成功事例~商用製品からオープンソース監視ツール「MIRACLE ZBX」への移行と併用~

2017-02-17(金)14:00 - 17:40

AP名古屋.名駅(8階D室ルーム)

愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIビル

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




本セミナーは名古屋での開催です。

本セミナーの対象者

・JP1やTivoli,SystemWalkerなどの商用監視ツールを既に使っている大手企業の情報システム部門
・JP1やTivoli,SystemWalkerなどの商用監視ツールからZabbixへの移行や、Zabbixとの併存を検討している方
・ハイブリッドクラウドやマルチクラウドにおける統合運用監視を検討している方
・監視対象ノード数が多く、商用監視ツールのライセンス費用にお困りの方

本セミナーに参加していただくメリット

商用監視ツールからオープンソース監視ツールへ移行した事例、及び併用している事例を知ることができます。

大手企業では商用監視ツールが普及している

大手企業ではこれまで、稼働実績が豊富なJP1やTivoli,SystemWalkerなど商用監視ツールを導入している企業が多いと思います。

監視ノードが増えるにつれライセンス費用が問題

しかし、商用監視ツールでは既存システム監視の維持運用、継続的なシステムの拡大に伴う、ライセンス費用の追加支出など、大量ノード監視の際には費用が高額になります。
また、システムの拡大/縮小に伴いライセンス費用が変動するため予算化が難しくなっています。

オープンソースの監視ツール「Zabbix」が人気

このような問題を解決するため、オープンソースの監視ツール「Zabbix」が人気です。
オープンソースのサポート費用も監視象のノード数に依存しないため、とくに大量ノード監視の場合に大きなコストメリットが得られます。

商用監視ツールからZabbixに移行した事例

しかし稼働中の運用監視ツールをどのようにZabbixに移行すればよいのでしょうか?
本セミナーでは、JP1やTivoli,SystemWalkerなどの商用監視ツールからZabbixに移行したユーザ事例をご紹介します。

商用監視ツールとの併存や、複数Zabbixを統合管理した事例

また、JP1やTivoliを残しつつ、新規ノードの監視をZabbixで行ったり、複数のZabbixについて統合的に監視した事例についてもご紹介します。

プログラム

13:30 ~ 14:00 受付

14:00 ~ 14:10 主催者挨拶

14:10 ~ 14:50 TCOを削減する監視アプライアンスのご提案と事例

 ~設定/運用コストを40%カット! 導入工数も大幅削減可能な統合監視サーバとは~

ミラクル・リナックス株式会社 プロダクトマーケティング部 部長 松永 貴

「MIRACLE ZBX8000」シリーズは監視サーバ専用にチューニングされたLinuxサーバOSや監視に必要なソフトウェア、クラスタソフトウェアなどをハードウェアにインストールした状態で提供されるハードウェア一体型アプライアンスです。 オープンソース版統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースとして、ミラクル・リナックスが独自に開発した統合監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」をインストールしています。
本セッションでは、ハードウェアアプライアンスという方法によって、高品質の監視サーバをご提供すると共に、TCOを削減した事例をご紹介します。
ハードウェアアプライアンスにより監視サーバの構築コストを低減し、監視サーバの障害を回避するための冗長化を含めた運用が容易になります。
また仮想環境に簡単に導入可能な仮想アプライアンスソフトウェアに関してもご紹介致します。

14:50 ~ 15:30 TivoliからZBXへの移行・併用成功例

~ハードウェアアプライアンスの採用により導入コストの8割を削減!~

株式会社インテージテクノスフィア
  情報企画本部 情報システム部
  ITインフラ第1グループ マネージャー  属 和広(さっか かずひろ)様

同社は商用の監視ツールを利用した運用管理をオープンソース化していくことにより、運用コスト削減を実現しました。1,000台を超える規模の運用環境監視システムに「MIRACLEZBXハードウェアプライアンス製品」を採択した事による短期導入が成功の要因の一つとなっています。
これら製品採択の経緯、導入の効果、移行作業のポイントやTivoliとの併存の方式などを採用顧客からの視点からお伝え頂きます。

15:30 ~ 15:40 休憩

15:40 ~ 16:10 商用監視ソリューションとMIRACLE ZBXの併存および移行によるコストダウンの手法

ミラクル・リナックス株式会社 マーケティング本部 本部長 青山雄一

商用ツールからオープンソース監視ソリューションへの移行および併用を適切に行うことで、スムースな移行とコストダウンメリットを得ることが可能です。
このセッションでは、JP1を代表とした各種商用ツールをMIRACLE ZBXに置き換える、もしくは適宜連携することで、コスト拡大をコントロールするための検討課題や対応方法に関して解説します。

16:10 ~ 16:30 運用統合ソフトウェアの決定打 「Hatohol」のご紹介

ミラクル・リナックス株式会社 プロダクトマーケティング部 部長 松永 貴

Hatoholは、複数のZabbix環境を統合的に管理できるオープンソースのツールです。
本セッションでは、基盤統合に伴いHatoholを使って複数拠点の統合管理を行った事例や、Hatoholによる様々な運用統合についてご紹介します。

16:30 ~ 17:00 GMOインターネット株式会社様における、Hatohol の導入事例のご紹介

GMOインターネット株式会社 システム本部 第二サービス開発部
オープンコンピューティングチーム チーフエグゼクティブアーキテクト 郷古 直仁様

IaaS型のオールSSDクラウドサービスの提供が評判の同社の「ConoHa」
日本、米国、シンガポールの3リージョンにまたがるホストの統合管理として「Hatohol」を採用されています。本セッションでは、「Hatohol」の採用の理由、導入の効果など、実際の運用を進められたご担当者様より事例を解説頂きます。

17:00 ~ 17:40 質疑応答、アンケート

主催

ミラクル・リナックス株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および講演企業のミラクル・リナックス株式会社にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※講演者・講演内容は予告なしに変更される場合があります。ご了承ください。

コミュニティについて

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

本コミュニティは、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の問題解決セミナーです。 また、「マジセミ」を通じて企業がITの本質を理解し、ITの本当の力を最大限に活かして社会に貢献できるよう、「ITによるビジネス変革」を"...

メンバーになる