Doorkeeper

課題・ニーズに応じて、最適なBI・BAツールを使い分ける

2017-02-02(木)10:00 - 16:00

秋葉原UDXカンファレンス

東京都千代田区外神田4-14-1

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

15人の参加者

すべて見る
14人のアカウント非公開の参加者

詳細

ご好評につき、午前のハンズオンセミナーは満席となりました。

午後のみのお申込は引続き受け付けております。お申込お待ちしております!

本セミナーに参加するメリット

市場には、多くのBI・BAツールが存在しますが、それぞれ特徴があります。
その特徴を理解できないままツールの導入を決めてしまうと、当然ながら思ったような効果が得られません。
本セミナーでは、お客様の様々な課題やニーズ、利用シーン(例えば、データを収集したい、検索したい、何が問題なのか発見したい、問題を解決したい、意思決定を支援したいなど、)に対して、どのようなBI・BAツールが適しているのか、ご理解いただくことができます。

本セミナーの対象者

・ データを自在に分析し、課題解決と迅速な意思決定を行いたい管理職・経営者
・ 業務プロセスと連携した事象を予見し、商機を早期に捉えたい営業担当者・企画担当者
・ レポーティング、ダッシュボード等、組織間の情報共有・活用を推進したいIT管理者
・ 記述統計では解決できない、複雑に絡み合った要因分析、原因追及をされたい研究職
・ 統計を利用したプロセスの自動化を検討されている、インフラ担当・システム担当
・ BI・BA・統計ツールの導入を比較・検討されている方

本セミナーでは、3つのBI・BAツールの特徴をご紹介します。

本セミナーでは、以下の3つのBI・BAツールの特徴をご紹介します。

QlikView

QlikViewは、多次元のビッグデータを素早く可視化し、検索できるツールです。

これまでのBIツールは、「何が問題なのかを知るためのシステム」のはずなのに、「何が問題かを最初に決めなければシステムの導入ができない」といった課題がありました。
QlikViewは、使用するデータを最初に決めてしまえば、任意のデータを自由な視点から簡単に可視化することが可能です。

また、「連想技術」によって関連性のあるデータ全てと連動し、決められた分析ルートではなく、あらゆる切り口から自由な発想でデータを分析する事が可能となり、新たな事実や課題をタイムリーに発見することができます。

さらに、QlikViewでは使用する全てのデータをメモリに展開することで、ハードディスクのI/Oによるボトルネックを完全に排除しています。これによってメモリのみに依存した高速演算処理が可能になり、検索リクエストやデータ抽出等に対して 圧倒的に速いレスポンスを提供します。

MTシステム搭載 TIBCO Spotfire

データ可視化・活用ツール「TIBCO Spotfire」に、東芝電子エンジニアリングが開発した「MT(マハラノビス・ タグチ)システム解析ツール」と「統計機能」を搭載しました。

TIBCO Spotfire は、データに基づく意思決定を行うためのツールとして世界の多くの企業で利用されています。

東芝電子エンジニアリングが搭載した新機能と TIBCO Spotfire との連携により、多変量解析の高度化が実現、適用領域がさらに広がりました。 大量・多次元のデータを、柔軟、かつスピーディーに処理できる使い易いツールです。

製造業を中心に、以下のような分野で高い効果を発揮します。
・顧客(潜在)価値の創出
・開発コストの削減
・生産スピードの向上
・工程歩留の改善
・需要予測、売上予測
・設備の状態監視
・故障予兆の検知
・工程異常の発見・診断

Statistica

Statistica(スタティスティカ)は、データマイニングと予測分析のためのツールです。
ビッグデータに潜む隠れたパターンや複雑な関係を発見し、何が起こったのか、なぜ起こったのかを見つけ、未来を予測します。

Statisticaには、自動化されたニューラルネット、線形/非線形モデル、多変量探索的分析技術、決定木、ランダムフォレスト、検出力分析、時系列分析、多変量統計的プロセス管理、実験計画法、テキストマイニング、その他の分析技術が含まれています。

マジセミでは本セミナーについて15名を募集します。

お早目にお申込みください。

開催概要

【開 催 日 程】 2017年2月2日(木)10:00 ~ 16:00 
【会   場】 秋葉原UDXカンファレンス (住所:東京都千代田区外神田4-14-1) 
JR秋葉原駅 電気街口徒歩2分

【プログラム】
  10:00~11:30 ハンズオンセミナー 定員15名
  TIBCO Spotfire と QlikView 両ツールをさわって体験いただけます 

  13:00~16:00 BI・BAソフトウェア比較セミナー 定員30名

  13:00-13:10 ご挨拶・概要説明
  13:10-13:55 TIBCO Spotfire 特長解説とデモ(45分)
  14:05-14:50 QlikView 特長解説とデモ(45分)
  15:00-15:45 Statistica 特長解説とデモ(45分)
  15:45-16:00 まとめ・アンケート記入

※午前のみ、午後のみのご参加も歓迎いたします。
※午前・午後 両プログラムにご参加の方には、軽食をご用意致します。
※ハンズオンセミナーは申込数が定員を上回った場合、抽選となる場合があります。
※セミナー終了後、個別相談会を開催致します。
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、自営業・個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

主催(共催)

東芝電子エンジニアリング株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる