Doorkeeper

インフラ管理者こそ押さえておきたい、デジタル改革に適したプラットフォームとは?

2017-02-03(金)15:25 - 17:00

ベルサール九段 Room3

東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル4F ベルサール九段

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




デジタル改革の必要性

全ての業界において、企業の勢力図が大きく様変わりしています。ITを駆使して既存ビジネスの土俵を変え、既存ビジネスの優劣を一変させるデジタル破壊者の存在が、経営戦略上無視できない存在になっています。企業には新しい競合を意識した対策が求められます。

デジタル改革を支えるITの要素とは?

従来のITとは異なり、デジタル改革を支えるITにはデータの蓄積と分析、およびアプリケーション(ソフトウェア)の三要素をうまく活用することが求められます。一方、アプリケーションの開発と継続的なサービス提供には、アジャイル開発手法の導入やDevOpsのカルチャー、各種ツールの活用、コンテナ技術の採用など、新しい取り組みが必要となります。

インフラ管理者が押さえておくべきテクノロジーとは?

このような状況において、モダンなWebアプリケーションの開発と実行に適したプラットフォームとして活用されているのがPaaSです。本セミナーでは、PaaSとコンテナ技術の違いにも触れながら、デジタル変革を支えるプラットフォームついて解説します。

プログラム

15:00 ~ 15:25 受付

15:25 ~ 15:30 オープニング

15:30 ~ 16:00 デジタル改革を支えるアプリケーションに最適なプラットフォームとは?

EMCジャパン株式会社 吉田 尚壮

本セッションでは、デジタル変革に必要なITの要素に触れながら、クラウドネイティブなアプリケーションの開発と実行プラットフォームとして最適なPaaSである「Pivotal Cloud Foudry」についてデモを交えてご紹介します。

16:00 ~ 16:30 PaaSをハイパーコンバージドインフラで短期調達する方法

EMCジャパン株式会社 吉田 尚壮

本セッションでは、Pivotal Cloud Foundryをハイパーコンバージドインフラと共に一括提供する最新ソリューションについてご紹介します。

16:30 ~ 17:00 クラウドネイティブなアプリケーションのためのプラットフォームとは? (ミニパネルディスカッション)

マジセミキャスト、講演者

クラウドネイティブなアプリケーションのためのプラットフォームとはどのようなものでしょうか。
参加者を交えて議論します。

主催

EMCジャパン株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご登録いただいた個人情報は、EMCジャパン株式会社、オープンソース活用研究所にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる