Doorkeeper

クラウド環境におけるシステム運用や構成管理の自動化/効率化 ~Ansibleによるサーバー構成管理とOSS監視ツール監視対象管理の自動化~

2017-02-10(金)15:00 - 17:00

ソフトバンク・テクノロジー株式会社新宿オフィス(本社)プレゼンルーム

東京都新宿区新宿六丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア17階

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




本セミナーの対象者

・企業情報システムの運用管理者

本セミナーで解決する課題

・クラウド環境で複雑化するシステム運用や構成管理を、ZabbixやAnsibleなどのオープンソースを活用し、自動化することで作業の効率化やコスト削減を実現したい。

クラウド時代のオープンソース統合監視ソフトウェア「Zabbix」とは

Zabbixとは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するためのオープンソースの統合監視ソフトウェアです。

近年、クラウド環境(仮想化環境)の普及や、ビッグデータなど大量のサーバを必要とする処理の増加などによって、仮想ノードは増え続けています。
このような状況において、大量の仮想ノードを統合監視できるZabbixの人気が高まっています。

増え続ける仮想ノードと、増え続ける管理者の負担

また仮想ノードの増加によって、ノード追加などの構成管理業務や、それにともなう運用監視対象の追加業務など、インフラ担当者や運用担当者の負担も増加しています。
したがってこのような作業を自動化して、作業の効率化やコスト削減を実現したいというニーズが高まっています。

オープンソースの構成管理ツール「Ansible」

このようなケースで使われるのが、オープンソースの構成管理ツールである「Ansible(アンシブル)です。
Ansibleはあらかじめ用意しておいた設定ファイルにしたがって、OSの設定やミドルウェアのインストール・設定、アプリケーションの導入などを自動的に行ってくれます。

Zabbix監視対象の追加や削除も自動化

前述のようにクラウド環境の運用監視で広く使われているオープンソースの監視ツール「Zabbix」ですが、Zabbixの監視対象の追加や削除もAnsibleで自動化することができます。

本セミナーでは、Zabbixについてご紹介するとともに、このような「運用自動化」を行うことで大幅に作業を効率化し、コスト削減に成功した事例についてご紹介します。

人気のセミナーですので、今すぐお申し込みください。

プログラム:

14:30 ~ 受付

15:00 ~ オープニング

15:05 ~ オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」と、「MIRACLE ZBX」

ミラクル・リナックス株式会社 プロダクトマーケティング部 部長 松永貴

Zabbixとは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するためのオープンソースの統合監視ソフトウェアで、統合監視に必要な監視、障害検知、通知機能を備えています。本セッションではZabbixの紹介と、「Zabbix」をベースに、不具合修正や機能拡張、10年間長期サポートなどを加えた「MIRACLE ZBX」についてご紹介します。

15:35 ~ Ansibleによるサーバー構成管理とZabbix監視対象ノード追加の自動化/コスト削減事例

CTCシステムマネジメント株式会社 ソリューションサービス本部 運用・自動化サービス推進部 三宅徹芳

Ansibleは、多数のサーバーや複数のクラウドインフラを統一的に制御できる構成管理ツールです。システムへの負荷状況によって、サーバーリソースを増減したいケースがありますが、これを自動化する時などにAnsibleを活用します。
このようなケースでは、Zabbixの監視対象も増減することになります。本セッションでは、そのようなZabbix監視対象の増減をAnsibleを活用し自動化し、コスト削減に成功した事例をご紹介します。

さらに、オープンソースのインシデント管理システム「OTRS」を活用することで、障害発生からインシデント登録を自動化し、作業を効率化するとともに、インシデントへの対応品質を向上するシナリオについてもご紹介します。

16:15 ~ 運用自動化に向けたオープンソースの活用(ディスカッション)

講演各社、マジセミキャスト

情報システムの運用を自動化し、効率化・コスト削減を実現するために、どのようにオープンソースを活用していくべきでしょうか。参加者を交えて議論します。

17:00   終了

主催

CTCシステムマネジメント株式会社
ミラクル・リナックス株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に共有させていただきます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演の各企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる