55645 normal 1482399263 %e3%83%91%e3%82%bd%e3%83%8a%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af 20170125

AWS環境における、DBの管理と監視

2017-01-25(水)14:30 - 16:30

株式会社パソナテック マルチファンクションルーム

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー22F

がく Hirofumi Tobe Takeshi  Kitahata + 26人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




企業情報システムのプラットフォームとして普及するAWS(Amazon Web Service)

企業情報システムのプラットフォームとして、AWS(Amazon Web Service)が急速に普及しています。
AWSは企業によって、ビジネスのためのIT活用を俊敏にし、システムの運用を効率化できるメリットがあります。

AWSのデファクトスタンダートになりつつある、Amazon Aurora

AWSはデータベースもサービスとして提供しており、RDS for Oracle、RDS for PostgreSQL、RDS for MySQLなどがありますが、中でもMySQL互換のAmazon AuroraはクラウドネイティブのRDBMSであり、拡張性や性能に優れています。
今後、AWSの標準的なRDBMSになると考えられます。

AWS上のデータベースのパフォーマンス監視

データベースは情報システムにおける重要な要素となるため、これまでオンプレミスの商用データベース環境では生死監視の他、パフォーマンスの監視(データベースの性能劣化等をモニタリングして、問題を未然に防ぐ)も行われてきました。

では、AWS上でのデータベースのパフォーマンス監視はどのように行えばよいのでしょうか?

本セミナーでは、MySQLモニタリングツール「MONyog(モンヨグ)」をご紹介します。MONyogを活用すれば、RDS for MySQLはもちろん、Amazon Auroraのパフォーマンスも監視することが可能です。

オンプレからAWSへ、データベースの移行

企業がAWSを活用する際には、既存のデータベースもクラウド上に移行する必要があります。また、既にAWSを利用している場合でも、MySQLからAmazon Auroraへの移行が必要になる場合もあります。

本セッションでは、データベース管理ツール「Navicat」をご紹介します。

Navicatは、一つのアプリケーションから、MySQL、MariaDB、SQL Server、Oracle、PostgreSQLなどのデータベースはもちろん、Amazon RDS、Amazon Aurora、Amazon Redshifのようなクラウドデータベースにも対応しています。Navicatを活用すれば、異なるDBMS間でテーブルのスキーマやデータの簡単に移行することが可能です。

プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~14:35 オープニング

14:35~15:05 AWSで使える、MySQLモニタリングツール「MONyog」のご紹介

 株式会社スマートスタイル
 MySQLソリューション事業部 営業部 部長 内藤達也
 株式会社スマートスタイル
 MySQLソリューション事業部 DB部 陳 英喆

15:05~15:35 AWSで使える、データベース管理・移行ツール「Navicat」のご紹介

 株式会社パソナテック クラウドOSS事業部 三好安里

15:35~16:30 MySQLからAmazon Auroraへの移行を成功させるためには?

 株式会社セクションナイン 代表取締役社長 吉田真吾
 クラウドやサーバーレスアーキテクチャの活用、運用改善の支援を中心としたコンサルティングや、
 新規事業のPoCやデモシステム構築、Oracle Databaseチューニングなどを行う技術者集団、
 セクションナインを経営。ベンダーフリーなServerlessCont TokyoおよびServerless Meetup
 Japan(Tokyo/Osaka)の主宰などを通じて、日本におけるサーバーレスの普及の促進などもしている。

16:30 終了

主催(共催)

株式会社パソナテック

協力

株式会社スマートスタイル
オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

コミュニティについて
マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...続きを読む

コミュニティに参加