Doorkeeper

【費用をかけずに、簡単に】Office365などクラウドサービスの「パスワード使い回しによる不正アクセス」から防御する方法~Office365やDropBoxなどに自動ログインしてみよう!~

2016-10-12(水)17:00 - 19:20

GMOグローバルサイン株式会社

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー10階

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

5人の参加者

すべて見る
3人のアカウント非公開の参加者

詳細

本セミナーの対象者

・中堅・中小企業の情報システム担当者。
・Office365や、サイボウズ、SalesforceCRM、GoogleAppsなど、複数のクラウドサービスを使っている。
・メモ帳やExcelなどでパスワードを管理している、パスワードを付箋に書いている、ブラウザのパスワード保存機能を使っている方。
・クラウド上の機密情報が不正アクセスされないか、不安を感じている。

本セミナーに参加するメリット

・Office365や、サイボウズ、SalesforceCRM、GoogleAppsなどのクラウドサービスに対して、手間がかかるパスワードの管理をツールで行い自動ログインすることで、なりすましやパスワードリスト攻撃(攻撃者がなんらかの方法であるWebサイトのID、パスワードを入手し、それを使って様々なサイトへの不正アクセスを試みる攻撃)のリスクを低減できます。
・この仕組みを無料で提供する、「SKUID」について紹介します。
・その場でアカウント登録可能です。自社に帰ってからも他の社員も含めて無料でお使いいただけます。

Office365やSalesforceCRM、Cybozu.comなどクラウドサービスが普及

Office365やDropBox、SalesforceCRM、Cybozu.comなど、企業におけるクラウドサービスの利用が増えています。
大企業だけでなく、中堅・中小企業でもあたりまえのように使われるようになりました。
また、用途毎に複数のクラウドサービスを使うケースが多くなっています。

面倒なID、パスワードの入力

それぞれのクラウドサービスは、別々のベンダーから提供されているので、サービスを使うときにはサービス毎にID、パスワードを入力しなければなりません。
これは企業の利用者にとって負担となっています。

パスワードの使い回しは危険!

このような負担から、複数のサービスで同じパスワードを使っているケース(パスワードの使い回し)は多いと思います。
しかしこれでは、「パスワードリスト攻撃」の対象になってしまいます。
何らかの原因でパスワードが漏れてしまうと、様々なサービスに対してそのパスワードで不正にアクセスされ、機密情報が持ちだされてしまうリスクがあります。

また、複数のパスワードを管理するために、メモ帳やExcelでパスワードを管理したり、付箋にメモしておいたりするケースもあるのではないでしょうか。
このような場合、利用者にとっては大変面倒ですし、それらのファイルが漏れたらパスワードが全て漏れてしまいます。

ブラウザのパスワード保存機能を使っているケースも多いと思いますが、近年しばしば話題になるようにパソコンが不正に乗っ取られた(リモートアクセスされた)場合には、簡単にクラウドサービスに不正アクセスされてしまいます。

自動ログインにより、不正アクセスのリスクを低減

SKUIDはこのような課題を解決します。
複雑なパスワードでもSKUIDに一度覚えさせれば、あとはボタンひとつで簡単に自動ログインすることができます。
これによって、利用者の利便性を高めます。

パスワード管理機能を無料で提供!

こういった仕組みは従来もありましたが、有償でした。
SKUIDは認証統合(シングルサインオン)の仕組みを無料で提供します。

ノートPCをご持参ください

セミナー当日は、ノートPCをご持参ください。
実際にその場でSKUIDをご利用いただき、セキュリティと利便性を実感していただきます。
※Chromeが必要ですので、未導入の方は事前にインストールをお願いします。
※ブラウザにプラグインを導入していただきます。
※今回はタブレットではなく、ノートPCでお願いします。

また、以下のサービスについて、1つ以上、各自アカウントを登録した上でご参加願います。

・Office 365
・Google Apps
・Skype
・Evernote
・Dropbox
・Box
・LinkedIn

当日はSKUIDでそれらのサービスについて認証連携を行います。

※上記以外のサービスについて認証連携を行いたい方は、参加申し込み時にご連絡下さい。

少人数のセミナーです。今すぐお申し込み下さい!

プログラム

16:30 ~ 17:00 受付

17:00 ~ 17:15 認証とID管理の動向
          オープンソース活用研究所 寺田雄一
17:15 ~ 17:45 クラウドサービス利用時の「パスワードの使い回し」リスク
          GMOグローバルサイン株式会社 赤坂佳威

17:45 ~ 17:55 休憩

17:55 ~ 18:35 「SKUID」によるクラウドサービスのパスワード管理と自動ログインハンズオン
          GMOグローバルサイン株式会社 森智史

18:35 ~ 19:20 質疑応答、アンケート

主催

GMOグローバルサイン株式会社
(協力)株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ

※申込みに際してご登録頂く個人情報は、GMOグローバルサイン株式会社、株式会社オープンソース活用研究所、それぞれの個人情報保護方針に従い厳重に管理します。情報交換のほかサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただくことがあります。
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる