Doorkeeper

OSSで実現する、ハイブリッドクラウドにおける運用管理とデータ保護(Zabbix、OTRS、Ansible、DRBDの活用)

2016-08-05(金)18:00 - 20:00

CTCシステムマネジメント株式会社 8階 820A会議室

東京都千代田区三番町8番地1 三番町東急ビル 8階

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」

この数年で「クラウド」は企業に浸透してきました。
プライベートクラウドだけでなく、Amazon Web ServiceやMicrosoft Azureなどのパブリッククラウドを、企業の業務システムで活用することも珍しくない状況になりつつあります。

しかし、1つのクラウド環境に依存するのは、リスクが高いと判断されるケースもあります。
そこで、プライベートクラウドとパブリックプラウドとの並用する「ハイブリッドクラウド」を選択するケースが増えています。
さらに、複数のパブリッククラウドを活用して、システム毎に最適なパブリッククラウドを選択したり、データを分散させて管理したりする「マルチクラウド」を採用するケースも増えています。

「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」の運用管理はどうするべきか

本セミナーでは、「マルチクラウド」における運用管理について、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」などを活用した、具体的な構成を提案します。

さらに、運用監視と連携したクラウド環境の運用管理および自動化に対して、「OTRS」、「Ansible」などを活用して低コスト・高品質な運用基盤を実現する方法についてもご紹介致します。

「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」のデータ保護やDRはどうするべきか

また、「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」を使ってディザスターリカバリー(DR)をどのように実現するか、「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」全体のデータ保護をどのように実現するかについて、オープンソースのデータレプリケーションツール「DRBD」を活用した方法をご提案します。

本セミナーの対象者

・「ハイブリッドクラウド」「マルチクラウド」を検討している、企業の情報システム部門、又はシステムインテグレーター
・営業担当者、システムエンジニア、マネージャー

少人数でのセミナーのため、お早めにお申し込み下さい!

スケジュール

17:30 ~ 18:00 受付
18:00 ~ 18:40 (講演1)OSSで実現!ハイブリッドクラウド環境を支える運用管理について
          CTCシステムマネジメント株式会社
          ソリューションサービス本部 運用・自動化サービス推進部
          三宅徹芳

18:40 ~ 19:20 (講演2)クラウド環境におけるデータ保護
          株式会社サードウェア 代表取締役社長
          久保元治

19:20 ~ 20:00 質疑応答、アンケート

主催

株式会社サードウェア
CTCシステムマネジメント株式会社

(協力)株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご登録いただいた個人情報は、主催企業各社、及びオープンソース活用研究所の個人情報保護方針に従い厳重に管理され、情報交換のほかサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただくことがあります。
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる