Doorkeeper

「正常ログ」からシステム障害を予測する

2016-07-26(火)15:30 - 17:10

株式会社ラック本社 6F セミナールーム

東京都千代田区 平河町2-16-1 平河町森タワー6F

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




このセミナーのメリット

・従来のシステム運用では、障害、エラーや警告のログを監視して問題が発生してから対処することが一般的ですが、本セミナーでは「正常ログ」を分析することで問題の予兆を検知し、問題が発生する前に対処する方法を提案します。
・また、従来は「サーバ」、「ネットワーク」、「セキュリティ」といった単位でログ管理も分断されていましたが、これを統合的に管理することで前述の分析を可能にするとともに、ログ管理を効率化する手法について提案します。
・これによりシステム運用の生産性向上を実現します。

このセミナーの対象者

・企業の情報システム部門又は事業部門のIT担当者)、及びシステムインテグレーター
・クラウドの利用やセキュリティ脅威の増大、積極的なIT利用により、システム運用の負担は増大し、困っている企業様
 

広がる、「マルチクラウド」の活用

仮想化環境(プライベートクラウド)でシステムを構築することは当たり前となっており、現在ではパブリッククラウドとプライベートクラウドとを組み合わせて活用することも多くなっています。(ハイブリットクラウド)
さらに、複数のパブリッククラウド環境を組み合わせて活用することも増えてきました。(マルチクラウド)

しかしこれは、サーバリソースを効率的に利用することができる反面、人間が行うシステムの運用管理業務については、負担が増えているのが現状です。

拡大する、「セキュリティに関する脅威」

また、標的型攻撃やランサムウェアによる攻撃など、セキュリティに関する脅威も増える一方です。
本来であれば、統合的なシステムインフラとして、「サーバ」、「ネットワーク」、「セキュリティ」などの垣根を超えて総合的に対策するべきですが、それぞれ高度な専門性が必要なこともあり、多くの場合担当範囲が分断されています。これも、システムの運用管理にかかる負担が増える原因となっています。

「正常ログ」を分析することで障害を予測する

従来のシステム運用では、障害、エラーや警告のログを監視して問題が発生してから対処することが一般的ですが、本セミナーでは「正常ログ」を分析することで問題の予兆を検知し、問題が発生する前に対処する方法を提案します。

また、従来は「サーバ」、「ネットワーク」、「セキュリティ」といった単位でログ管理も分断されていましたが、これを統合的に管理することで前述の分析を可能にするとともに、ログ管理を効率化する手法について提案します。

統合ログ管理ツール「Splunk」を活用し、これらを行うことで、システム運用の生産性向上を実現します。

スケジュール

15:00 ~ 15:30 受付開始

15:30 ~ 16:10 ラックが考える、システム運用の課題と、「正常ログ」からの障害予測

株式会社ラック

16:10 ~ 16:30 統合ログ管理ツール「Splunk」の紹介とデモ

株式会社ラック

16:30 ~ 17:10 質疑応答、アンケート等

主催

株式会社ラック
(協力)株式会社オープンソース活用研究所

※席に限りがありますため、競合サービスを提供されている会社様や個人としてのご参加はご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。
※ご登録いただいた個人情報は、主催・共催・講演各社にて共有し、厳重に管理します。個人情報は、各社サービスに関するお知らせなどに利用します。個人情報は主催・共催・講演各社を除き、第三者には提供致しません。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる