Doorkeeper

なぜLIFERAYが顧客に選ばれるのか? SIer×ライフレイの可能性について

2016-05-20(金)15:00 - 17:40

MG目黒駅前ビル 2階

東京都品川区上大崎2-15-19

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




※本セミナーは、お客様のお申し込み後、Doorkeeperからの「お申し込み完了」メール、及びセミナー事務局(株式会社オープンソース活用研究所)からの「事前アンケートご協力のお願い」メールの発送をもって、参加可能となります。お申し込み後、数日お時間を頂く場合もございますが、ご了承下さい。なお、お申込み多数の場合は、LIFERAYセミナーに初めてご参加頂く方を優先させて頂く場合がございます、あらかじめご了承ください。

このセミナーのメリット

・日本ライフレイ社から、直接情報が得られます。
・LIFERAYを開発プラットフォームとして活用することで、短期間で用途に合わせたWebやモバイルサイトを実現する方法や事例をご紹介します。

このセミナーの対象者

システムインテグレータのマネージャー、SE、営業の方
 

システムインテグレータ様を対象としています。

本セミナーは、システムインテグレータ様を対象としています。最近の技術動向やユーザ企業様のニーズ、導入事例などをベースに、どのようにユーザ様へシステム構築の提案ができるか具体的にご紹介します。導入事例がどんどん増加しているLIFERAYによって、システムインテグレータ様のビジネスが拡張できるヒントになるセミナーです。

講演1 (講師: 並木幸太)

タイトル: LIFERAYとは?
LIFERAYは、オープンソースのエンタプライズポータルです。Gartner社の「Magic Quadrant for Horizontal Portals」(統合ポータル)で、6年連続リーダーに選出されています。日本においても大手企業を中心に業種を問わず数多く使われています。
本セッションでは、LIFERAYの概要だけではなく、なぜLIFERAYが顧客に選ばれるのか? SIer×ライフレイの可能性についてご説明します。

講演2(講師:大関ダニエル)

タイトル: LIFERAYを安心してご利用いただくための、サブスクリプションサービスのご紹介
LIFERAYはオープンソースでありながら、エンタープライズ製品と同等の品質やサービスをご提供しています。
本セッションでは、セキュリティパッチの提供や障害対応など、LIFERAYを安心してご利用いただくためのサブスクリプションサービスについてご紹介します。

講演3 (講師: 並木幸太、他一名)

タイトル: LIFERAYを使ったポートレットベース開発
LIFERAYは、ポートレットベースの開発手法を取り入れています。
本セッションでは、短い期間で「動くシステム」をお客様に提供できることが、どのようなメリットをもたらすか? ポートレットベース開発の進め方、通常のWEBシステム構築手法との違い等をご説明します。また、実際にLIFERAYの開発手法についてもご紹介します。デフォルト機能を使って簡単に「動くシステム」を作成し、それをベースに仕様の詳細を詰めていくポートレットベース開発の流れをご説明します。

スケジュール

14:45 ~    受付開始
15:00 ~ 15:05 挨拶
15:05 ~ 15:25 講演1
15:25 ~ 15:45 講演2
15:45 ~ 16:05 休憩
16:05 ~ 17:05 講演3
17:05 ~ 17:40 質疑応答、アンケート等

主催

日本ライフレイ株式会社
(協力)株式会社オープンソース活用研究所
※席に限りがありますため、競合サービスを提供されている会社様や個人としてのご参加はご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。
※ご登録いただいた個人情報は、当社にて厳重に管理します。個人情報は、当社や当社サービスに関するお知らせ、オープンソースに関する情報提供に利用します。個人情報は共催・協力各社、及び当社パートナーと共有することがあります。共催・協力各社、当社パートナーへの共有を除き、第三者には提供致しません。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる