Doorkeeper

OSSによる簡単クラスタ構成入門(Linux-HA無料ハンズオンと、商用クラスタソフトとの比較)

2016-03-11(金)13:30 - 17:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

6人の参加者

すべて見る
2人のアカウント非公開の参加者

詳細

本セミナーは終了いたしました。

お申込み・ご参加 ありがとうございました。




本ハンズオンの対象者

・ITシステムにおけるインフラ構築及び運用担当者(インフラエンジニア)
・これまで、ClusterProやLifekeeperなどの商用のクラスタソフトを使っていた方や、初心者のためのハンズオンです!

参加者のメリット

Linuxサーバにおいてクラスタ構成を実装する場合、クラスタソフトもOSSを使うのがお勧めです。

Linux-HAとは、Linuxサーバのクラスタ構成を実現するための標準的なアーキテクチャーで、Pacemaker、Corosync、DRBDなどのOSSを活用してクラスタ構成を実現します。

本ハンズオンでは、Linux-HAの概要とClusterProやLifekeeperなどの商用製品との違い、及びLinux-HAの導入手順を学ぶことができます。

ハンズオンの内容

Linux-HAの概要

Linux-HAとは、Linuxサーバのクラスタ構成を実現するための標準的なアーキテクチャーで、Pacemaker、Corosync、DRBDなどのOSSを活用してクラスタ構成を実現します。
本セッションではその概要について簡単にご紹介します。

ClusterProやLifekeeperなど商用クラスタソフトとLinux-HAとの比較

Linux-HAと同じ機能を提供する商用ソフトとしては、ClusterProやLifekeeperなどがあります。
本セッションでは、Linux-HAとClusterProやLifekeeperとの比較を行い、Linux-HAを使うべき理由について解説します。

Linux-HAの導入(ハンズオン)

本セッションでは、当方にてご用意したPCに対して、実際にacemaker、Corosync、DRBDなどのOSSをインストールし設定を行うことで、クラスタ構成を実現します。

質疑応答

Linux-HAやClusterProやLifekeeperとの比較について、質疑応答を行います。

お願い事項

・ハンズオンで使用する環境は、当方で準備いたします。
・参加される方にご持参していただく必要はございません。

主催

株式会社サードウェア
(協力)株式会社オープンソース活用研究所

※席に限りがありますため、DRBDパートナー様や、Linux-HA関連事業者様、個人でのご参加はご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご登録いただいた個人情報は、当社にて厳重に管理します。個人情報は、当社や当社サービスに関するお知らせ、オープンソースに関する情報提供に利用します。個人情報は主催、共催、協力の各企業と共有することがあります。それ以外を除き、第三者には提供致しません。

コミュニティについて

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

マジセミ(参加者の役に立つ”本気”の情報提供セミナー)

本コミュニティは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の情報提供セミナーです。 「マジセミ」は、以下を目的として活動しています。 我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会...

メンバーになる