Doorkeeper

テレワークでのAD、AzureADの違いとID管理/AWS CloudEndure Migration紹介/ペーパーレスでテレワーク推進 [マジTECH:テレワークDAY]

2020-09-25(金)12:00 - 14:00
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

詳細

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご参加ありがとうございました。

当セミナーの資料の公開予定はございません。ご了承くださいませ。


本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test

マジセミでは、9/25(金)に「マジTECH:テレワークDAY」を開催します。

今期2回目となるテレワークDAYでは、テレワーク環境でのADとAzureADの違い、使い分け、AWS CloudEndure Migration紹介、フルオープンソースによるテレワーク環境の構築、ペーパーレスの実現、などのテーマでお届けします。
※内容は変更される可能性があります。

テレワークの最大の阻害要因は「紙」(仮)

以前からその重要性が叫ばれていた「ペーパーレス」ですが、テレワークを推進する鍵(ペーパーレスの最大の阻害要因は「紙」)と言われています。
しかし、多くの企業にとってその実現は簡単なものではありません。
なぜ「ペーパーレス」の実現は難しいのでしょうか?どうすれば実現できるのでしょうか?
本セミナーでは、事例を交えながら「ペーパーレス」実現のポイントについて解説します。

オンプレミスからクラウドやクラウド間の移行を行える、AWSのサービス CloudEndure Migration

AWSのCloudEndure Migrationは、物理的、仮想、クラウドベースのIT基盤からAWSに無料でアプリケーションを移行するサービスです。CloudEndure Migration を用いると、簡素かつ迅速に、多数のサーバマシンを AWS へリホストできます。
今回のWebセミナーでは、新たなAWSの移行サービスを使って、オンプレミスのサーバをクラウド環境へ移行する方法について解説します。テレワークの導入をきっかけに、社内のオンプレミスサーバのAWSへの移行に興味関心をお持ちの情報システム部門責任者、ご担当者様や、AWSでのシステム開発を推進していくエンジニアの方におすすめです。

テレワークで使えるOSS

オープンソースは、企業の情報システムにおいて広く普及しています。
しかし、テレワークに必要なWeb会議システムやリモートデスクトップなどについても、オープンソースで実現可能だということはご存知でしょうか?
今回は以下のオープンソースについてご紹介します。

OSSのリモートアクセスのゲートウェイ『Apache Guacamole』

OSSのWEB会議システム『Jitsi』

ADとAzureADとの違いと、AD+AzureADを中心に、クラウドや社内システムのIDをどう統合管理するべきか

AzureADとは、Microsoftが提供するクラウドベースの認証サービスです。
近年、クラウドサービスの利用が広がり、社内の認証だけではなく、さまざまなサービスの認証を管理する必要性がでてきました。
こうしたニーズに対応すべく、利用したいクラウドサービスをAzureADに登録すれば、シングルサインオンでアクセスが可能になります。
一方AzureADは、オンプレ環境で利用しているADとは異なります。
ADは閉じた社内のネットワークを利用しますが、AzureADはクラウドサービスでの認証のため、両者では異なるプロトコルが使用されています。

そうなると、オンプレとクラウドを組み合わせて利用する場合のアカウント管理はどうすればよいのでしょうか。

本セミナーは、ADとAzureADとをどう使い分ければよいのか?AD+AzureADを中心に、クラウドや社内システムのIDをどう統合管理すればよいのか?について解説します。

プログラム

11:45~12:00 受付

12:00~12:10 オープニング

12:10~12:30 テレワーク普及で見えたオンプレ業務サーバ問題解決の選択肢 AWSクラウド「サーバ移行術」

株式会社システムズ

本セッションでは、テレワークの普及で表面化しているオンプレミス環境の業務システムの課題と、その解決の選択肢である社内サーバのAWSクラウド移行について、「AWS CloudEndure Migration」の紹介を交えて解説します。

12:30~13:00 テレワーク(在宅勤務)時代に社内エクセル業務データ管理の効率化を実現!

住友電工情報システム株式会社

・あらゆるエクセル業務データを簡単にWeb化し情報共有する仕組みをご紹介します。
・テレワーク(在宅勤務)の各種課題解決の解消にも大きな効果を発揮します。

13:00~13:20 リモートワークで使えるOSS

株式会社デージーネット

OSSを利用したリモートワーク環境のセキュリティ強化や、既存のリモートワーク環境の改善に役立つ事例をご紹介します。
今回はOSSのリモートアクセスのゲートウェイ『Apache Guacamole』と、OSSのWEB会議システム『Jitsi』についてご紹介致します。

13:20~13:30 オンライン対応に疲れた方へ朗報!業務のペーパーレス化を『ボットワーキング』で実現!

株式会社サンソウシステムズ

テレワーク導入が進み、業務効率化として書類の電子化を進める一方、オンラインでの対応負荷が増えているのも事実です。
「現場のRPA」ともいえるチャットボットで、オンライン対応の課題を乗り越えた事例をご紹介します。

13:30~13:40 ワークフローで在宅実現『皆伝!』のご紹介

スミセイ情報システム株式会社

COVID-19により、ビジネススタイルの変革が求められています。
本セッションでは、テレワークを推進するワークフロー「皆伝!」をご紹介します。
・経費旅費精算ワークフロー: 電子帳簿保存法(スキャナ保存要件)に対応。
・勤務管理システム: 働き方改革関連法案に対応。工数管理も可能です。

13:40~14:00 #AD+AzureADを中心に、クラウドや社内システムのIDをどう統合管理するべきか

Keyspider Japan LLC

IT総合バーチャル展示会「マジTECH」とは?

COVID-19の影響でJapan IT WeekやInteropなど多くのIT系の展示会が中止になりました。そこで、宣伝機会が無くなっているIT企業のために、マジセミ株式会社が中心となり無料で出展/参加できるバーチャル展示会を開催します。たくさんご意見を頂きながら楽しい展示会を創っていきたいと思います。

バーチャル展示会への参加について

https://majisemi.com/ よりご参加ください!

主催

マジセミ株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社

マジセミ

※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548

コミュニティについて

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

本コミュニティは、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の問題解決セミナーです。 また、「マジセミ」を通じて企業がITの本質を理解し、ITの本当の力を最大限に活かして社会に貢献できるよう、「ITによるビジネス変革」を"...

メンバーになる