Doorkeeper

いますぐできるAWSを使ったテレワーク環境の構築と、オンプレ業務システムのクラウド移行 第3回 ~安全・安心なテレワークを阻害するオンプレミスの業務システムをどう移行すればよいのか?~

2020-07-29(水)13:00 - 14:15

Webセミナー(Zoom)

オンライン

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
Zoomを利用します。URLは開始直前に株式会社システムズよりメールでお知らせします。

詳細

本セミナーは、5/27と6/19に開催した「いますぐできるAWSを使ったテレワーク環境の構築と、オンプレ業務システムのクラウド移行」セミナーの好評を受け、同様の内容で開催するものです。 

 

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。

URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大に対する緊急事態宣言は解除されましたが、第2波への懸念など、予断を許さない状況が続いています。緊急事態宣言解除後の事業再開に向けた経団連の「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」では、すべての企業に対してテレワークを導入することを推奨しています。

今回のコロナ感染拡大をきっかけとして、すでに、各種Webサービスを利用して、オンラインミーティングやリモートデスクトップなどのテレワーク環境を導入したり、現在導入の検討を進めたりしている企業も増えています。一方で、既存のテレワークWebサービスのセキュリティリスクなどの課題も顕在化しつつあります。

 

 

信頼性の高いテレワーク環境を実現するための、AWSのサービス

今回、緊急避難的に導入されたテレワーク環境に対し、セキュリティリスクの低減と信頼性の高い運用を実現する一歩進んだテレワーク環境づくりの方策として、クラウドサービスのAmazon Web Services(以下、AWS)を活用することも、選択肢の一つです。

人気のクラウドプラットフォームであるAWSには、テレワーク環境を実現するために有効な下記のようなサービスがあります。

 

【AWS Client VPN】

自宅などから、AWS はもちろんオンプレミスの社内ネットワークへの安全な接続を実現

【Amazon WorkSpaces】

仮想 Windows デスクトップと仮想 Linux デスクトップを起動でき、あらゆるデバイスでどこからでもアクセス可能

【Amazon AppStream 2.0】

デスクトップアプリケーションを任意のコンピュータに配信。3D レンダリングに GPU を使用するものや、遠隔医療のアプリなどでも配信可能 

本Webセミナーでは、こうしたAWSのサービスを使って、素早くテレワーク環境を構築する方法について、AWSの各サービスのライブデモを交えて紹介します。 

 

安全・安心なテレワークを阻害する、オンプレミスの業務システムとクラウド移行

過去2回のセミナーでは、オンプレミスの業務システムのクラウド移行について多くの反響をいただきました。コロナ禍により、多くの企業で緊急措置的に導入されたテレワーク環境ですが、オンプレミス業務システムのサーバが社内で管理されているため、障害対策のため社内システム担当者が常時出社する必要があるなど、出社を求められる要素が残っていることが、課題として表面化しました。こうした物理的制約にとらわれない、「ウィズコロナ」、「アフターコロナ」対策も踏まえた、さらに一歩進んだテレワーク環境の構築を行うことが重要になっています。

本Webセミナーでは、このような、テレワークを推進する上でのオンプレミス環境にある業務システムの課題と、課題解決に向けた選択肢としてのクラウド移行の方法についても解説します。

 

 

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:15 テレワーク需要への処方箋 AWSの活用 最適解

新型コロナウイルスの感染拡大で、企業のテレワークの導入や環境の整備が急務となっています。

AWSでは、Amazon WorkspacesやAWS Client VPNなどいくつかのサービスを適切に組み合わせることで、テレワーク環境を構築することが可能です。本セッションではテレワーク環境を構築するための選択肢として、AWSの活用について解説いたします。

13:15~13:50 AWSによるテレワーク環境構築の紹介とライブ・デモンストレーション

本セッションでは、リモートワーク増加で需要が高まるAWSの理解と活用に向け、3つのサービスをデモで紹介します。この機会に触ってみましょう!

AWS Client VPNは、自宅などからオンプレミスの社内ネットワークへの安全な接続を実現します。

Amazon WorkSpacesは、クラウド上で仮想デスクトップ環境を提供します。

Amazon AppStream 2.0は、デスクトップアプリケーションを任意のコンピュータに配信できます。

13:50~14:00 テレワークを阻害する、オンプレミスの業務システムとクラウド移行

新型コロナウイルス感染対策として進められたテレワーク。リモート接続やオンライン会議等のテレワーク環境が導入され、人と接触せずに一部の業務を進められるようになってきました。それでもまだ、真の意味で災害対策可能なITインフラとしてのテレワーク環境の実現には、オンプレミスの業務システムの持つ課題解決が必要ではないでしょうか? 社員が一切出社せずに業務を進められる一歩進んだITインフラとしてのテレワーク環境構築について、クラウド移行やマイグレーションの考え方を交えて解説いたします。

14:00~14:15 質疑応答/セミナークロージング

 

[講師]

株式会社システムズ ITソリューション事業本部
ITソリューション開発一部 部長 黒沢 賢

 

AWSサービス・デモ担当
西田 光彦

 

 

主催

株式会社システムズ

セミナー事務局

マジセミ株式会社

マジセミ

※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548

コミュニティについて

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

マジセミ×インフラ(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

本コミュニティは、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の問題解決セミナーです。 また、「マジセミ」を通じて企業がITの本質を理解し、ITの本当の力を最大限に活かして社会に貢献できるよう、「ITによるビジネス変革」を"...

メンバーになる